1カ月カラコンの節約術 > 基礎知識 > コンタクトにおける裏表の見分け方

コンタクトにおける裏表の見分け方

Pocket

・コンタクトの裏表

コンタクトには裏表があり、反対に付けていると目にうまくフィットしないので、視界が悪くなったりゴロゴロするような違和感があることがあります。

最初に保存液から取り出すときは、コンタクトは潤い十分でしばらく何の異常もないこともありますが、時間が経つにつれて乾燥してきたり、痛みを感じることもあります。

・コンタクトをよく見て裏表を確認する

コンタクトは、眼球につけるため球体のカーブが半分になったようなレンズです。

そのためレンズを指に取って見ると、表の時はレンズのふちが内側に、反対の時は外側に向いていることがわかります。

つまり、レンズのふちが内側に入っているときが表の位置となっていて、ふちが外側に向いているときは裏側の状態ということです。

最初のうちはレンズ自体を見慣れないですが、よく観察していると、レンズの形状もわかってきますので、この方法が一番わかりやすいです。

・そのまま丸める

レンズの扱いに多少慣れてくると、指にとったレンズをそのまま丸めようとすることで、表か裏かわかるようになります。

表の状態ですと、レンズは勢いよく丸まろうとしますし、裏の状態ですとうまく丸まってくれません。

この方法はわかりやすいですが、レンズ自体を傷めるきっかけとなりますので、取り扱いには十分に注意することが必要です。

決して、破れたレンズをそのまま目に入れるのは禁止です。

目を傷つける原因となります。

・カラコンのデザインをよくみる

コンタクトがカラコンの場合、デザインでも判断することができます。

デザインが薄い色の方を眼球にあてるので裏に、濃く見える方が外側になるように見える表となります。

ただ、保存液に浸っている状態でよくみるとそのデザインは見にくく、色の濃淡は見にくいことがあります。

ただこれも毎日同じレンズを使っていると、色の濃淡も見分けることができるようになりますので、カラコンの裏表を見分けたいときはわかりやすい見分け方です。

基礎知識

使ったことのあるカラコン

運営者情報 お問い合せ