1カ月カラコンの節約術 > 基礎知識 > カラコンの快適性を保つ目薬!ただし利用時には注意が必要

カラコンの快適性を保つ目薬!ただし利用時には注意が必要

Pocket

カラコンを利用していると、乾燥したりゴロゴロとした異物感を覚えるなど、目の不調を感じることも少なくありません。

そうした時こそ目薬の出番になり、目の負担を軽減するのに役立ちますが、カラコンをつけている時に使用する目薬はその使いかただけではなく、選びかたにも気をつけておく必要があります。

基本的に目薬は一般点眼薬とソフトコンタクトレンズ装着時に利用できるタイプの目薬とで分かれているため、カラコンをつけている時に利用するのは後者のコンタクトレンズ用になることを覚えておくことが大切です。

一般点眼薬は目のトラブルを予防し、不快感を解消するために症状に合わせて対処可能なさまざまな成分が配合されていますが、コンタクトレンズ用は乾燥の予防や涙液の補充、そして異物感を緩和させることが主な目的になります。

目の異常を和らげるためではなく、装着感を改善するために作られたもので、そもそもの用途が異なるのです。

また、一般点眼薬に配合されている成分は裸眼に使用することが前提となっていることから、カラコンを含むソフトコンタクトレンズの素材に対して成分が思わぬ形で作用し、変形や変色といったトラブルを引き起こす可能性も考えられます。

レンズを装着した状態での利用は非常に危険です。

カラコンをつけたまま目薬を点す場合には、必ずカラコン装着時に使えるものであるかパッケージを確認することが最も重要になります。

また、なるべく防腐剤が含まれていない成分の優しいものであること、人口涙液が使われている刺激の少ないものを選んでおくのがおすすめです。

さらに、1日の使用頻度は決められた回数に抑えておきましょう。

どんなに優しい使い心地のものでも、外部から水分を補うことで瞳そのものの保湿性を下げてしまいます。

結果、ドライアイの悪化に繋がる可能性がありますし、あまりにも違和感が拭えない場合には、トラブルを予防するためにもカラコンを外しておくほうが安全です。

目薬が手放せない状態であれば、使用しているカラコンそのものが合っていないことも考えられますから、その際には目薬で誤魔化さずに、カラコンを見直してみることも検討してください。

基礎知識

使ったことのあるカラコン

運営者情報 お問い合せ